machi-memory

machimemo.exblog.jp ブログトップ

桜をもう少し

c0069048_753393.jpg

山や街路を華やかに彩ってくれたソメイヨシノは、散り時を迎えました。
でも、しだれ桜はまだ残ってくれています。
優雅にしなだれた枝の先には小ぶりのかわいらしい花がたくさん付いています。
八重桜もこれからのはず。
もう少し桜たちが楽しませてくれます。
# by machimemo | 2005-04-13 07:10 | 草花に寄せて

お宝箱

c0069048_963050.jpg

小さい生徒さんの指の巧緻性のために、私はビーズを使っています。
透き通ったきれいな色とりどりのビーズは、大人でも楽しいものです。
細いゴムにひとつずつ通しながら、「○○ちゃんがねー」「おかあさんがねー」と
いろいろな話をしてくれます。
最後にゴムを結んで、ネックレスやブレスレットのできあがり。
生徒さんが大切なものを入れているらしい小箱やひきだしに、それが入っているのを
見つけたときは、うれしい気分になります。
「これ、あげるよ」「これ、使っていいよ」とその箱の中から、数粒のビーズや髪留め、
シールを分けてくれることもあって、ありがたくもらって帰ります。

遠い(!?)日、私にもそんな小箱がありました。きっとみなさんにも・・・
# by machimemo | 2005-04-12 09:23 | レッスンにて

お菓子な野菜達

c0069048_833118.jpg

お友達のAさんからいただいた野菜せんべいです。
左は見たまま、そうニンジンです。
ニンジンの甘味はそのままに、独特のクセは上手に消してあって
とてもおいしいのです。
(「お菓子な野菜達」という名前でした。お店の方、センスいい!)
右は「ごぼうせん」、馬鈴薯でんぷんにごぼうと海老がまぜられていて、
口にいれるとごぼうの香りがいっぱいにひろがります。

「♪やめられない、止まらない~」なのです。
Aさん、ありがとう。
# by machimemo | 2005-04-11 08:52 | 暮らしメモ

陽だまりで

桜の美しさに空を見上げてばかりでしたが、地面にも可愛い花がいました。
c0069048_1015168.jpg

「ホトケノザ」 ― 花が段々についているからでしょうか、「三階草」とも言うそうです。
葉がまぁるく茎を囲んでいて、それが仏様が座っている円座のように見えます。
c0069048_10183651.jpg

ちなみに、春の七草の「ホトケノザ」とは種類が異なります。
少し小さめの「仏の座」ですね。
# by machimemo | 2005-04-10 10:21 | 草花に寄せて

妖しさ

ライトアップされていない夜桜です。
昼の桜は、明るくかわいらしいのですが、夜の桜は妖艶です。
昼も夜も咲きつづける桜・・・
限りある花の命を精一杯に生かしているのですね。

c0069048_2249283.jpg

# by machimemo | 2005-04-09 17:33 | 草花に寄せて

さくら サクラ 桜

桜があっという間に咲きました。気温が急に上がったせいでしょうか。
年に一度「私はここにいます」と桜色で伝えます。
たくさんの木で、いっせいに・・・

c0069048_1625851.jpg

c0069048_23191495.jpg

c0069048_1626646.jpg

c0069048_23202567.jpg

# by machimemo | 2005-04-08 16:31 | 草花に寄せて

ひそやかに

c0069048_932426.jpg

肥後スミレが咲きました。
なくなってしまったのかと思っていたのですが、鉢の片隅に生命を残して
くれていました。
葉の形がスミレとしては独特ですね。
小さいけれど凛としています。
# by machimemo | 2005-04-07 09:36 | 草花に寄せて

白い花 Ⅳ

桜がちらほら咲き始めました。
その桜より一足早く、白い花が満開になっています。
「こぶし」 ― つぼみの時は本当に幼い子のこぶしのようです。
そのこぶしが大きく広がりました。
c0069048_785728.jpg

花が風に揺れると、白い鳥が羽ばたきながら遊んでいるように見えます。
c0069048_783828.jpg

静の白木蓮と動のこぶし、桜の前の白い競演です。
# by machimemo | 2005-04-06 07:17 | 草花に寄せて

青い星

c0069048_9163253.jpg

道端にたくさん咲いているオオイヌノフグリ。
葉の緑のじゅうたんの上に小さな青い金米糖をまきちらしたようです。
近づいてみるとここにも端正な花の姿が・・・
# by machimemo | 2005-04-05 09:25 | 草花に寄せて

可憐さ

c0069048_9493817.jpg

我が家の小さなスミレが咲きました。
子供の頃聞いたお話です。

   昔、バラとスミレが互いに美しさを競って争いを繰り返していました。
   それを見ていた神様はお怒りになって、バラにはトゲを、すみれには
   か弱い茎をお与えになったということです。

バラにもスミレにもそれぞれの美しさがあるのだから ― ということでしょうか。
ひっそり咲くすみれの可憐さは他にかえられません。
# by machimemo | 2005-04-04 09:59 | 草花に寄せて
line

日々の暮らしの中で・・・


by machimemo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31