machi-memory

machimemo.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:レッスンにて( 29 )

三つの出来事

いつもは出張レッスンをしているひなたちゃんを、自宅でレッスンしました。
送り迎えの車の中で、いろいろな話をしてくれました。
その中で印象に残ったこと、それはひなたちゃんのご家族の決まりごとでした。

毎年、暮れからお正月にかけては、親戚一同、ひなたちゃんのお父さんの実家に
集まるのだそうです。
おもちつきをして、おそばを食べて、新年会をして・・・楽しくにぎやかに過ごします。
そして、毎年恒例で年末にやっていることがひとつ、
それは、全員がそれぞれ今年の出来事を三つ記録していくことです。
自分の名前が書けるようになったら、名前だけ書いてあとはおかあさんに書いてもらうと
いうことから始めてそれからずっと。
きっと次の年の暮れにはもう自分で書けるようになっているに違いありませんし、
そんな幼いときからの記録がずっと残っていきます。

「ひながまだ小さいときに、おばあちゃんとツクシを採りに行ってね、
おばあちゃんが越えてはいけない柵を越えて、ツクシを採ろうとして、
ころんで手首を骨折したことがあったんだよ」
「そのことが書いてあるの?」
「そう、すごくおかしくてね、太陽(弟さんです)なんかすごく小さかったんだけど
ずーっと笑い続けてた。
おばあちゃんは、みんなから『そんなことまでしなくてよかったのに』と怒られるしね、
かわいそうだった・・・けどおかしかった!」

「おばあちゃん、さんざんだったねぇ」と言いながら、きっとひなたちゃんの
記憶は、しっかり覚えているというよりも、その記録の記憶なのだろうなと
思いました。
きっとしっかり覚えているのは、笑っている太陽君のことで、あとのことは
その記録と読み返すたびにみんなで笑いあう思い出話で裏打ちされたのでは
ないでしょうか。

「年末はいつもその話が出て、きっとツクシの時期もその話になって
おばあちゃん、みんなが忘れてくれなくて気の毒ね」と私も笑いました。

幸せな思い出、あるいはちょっと大変だったことも、その年の三つの出来事の
中に書き込まれて確かなものとして心に残っていく。とても素敵なことだと感じました。

私も今年の最後にやってみようかな。

その前に・・・
今年「なりたい自分」を三つ書くことから始めましょうか。
by machimemo | 2010-01-05 23:43 | レッスンにて

姉妹

c0069048_2183939.jpg

ご無沙汰致しました。
あわただしい日々に、あっという間に2月になってしまいました。
淡いスイートピーの花にかすかな春の息吹も感じて・・・

きょうは、暖かな立春でした。
まだまだ寒い日はあるでしょうけれど、季節は少しずつ動いていますね。

先日、ささやかな発表会を催しました。
その中でふっと心が温かくなる出来事が。

姉妹でしてもらった連弾。
妹の弾くメロディーに、上手に低音部を合わせてくれたおねえちゃん。
私もエレクトーンで加わったのですが、リズムもサポートもよく聴いて弾く
おねえちゃんに支えられて、ちょっと気むずかしい妹さんもごきげんで
ニコニコ弾いてくれました。

もう一組、やはり姉妹で演奏してくれた中学生の二人。
こちらは、おっとりしたおねえちゃんをしっかり者の妹さんがリードしていました。
それぞれの性格、それぞれの気持ちを素敵なコンビネーションで、
ひとつの曲を奏でていきました。

連弾や合奏は、息を合わせた結果が聴いている人の耳に届きます。
これからの成長の月日も、呼吸を合わせて姉妹であることのうれしさを
感じていってほしいものです。

本当に少人数の小さなもので、その上今回は私の体調が万全でない時期が
準備の期間にあたっていて、反省することばかりでした。
でも、生徒さんのがんばりに助けられました。
ひとつひとつの経験が、成長の糧になっていく子供たち、
励ましをありがとう。
by machimemo | 2009-02-04 21:39 | レッスンにて

黄色の季節

c0069048_019825.jpg

c0069048_0201850.jpg

街に黄色があふれています。
こんなに銀杏の木があったのかと思うように。
そう、こんなに桜の木があったのかと思う春といっしょの気持ちです。
淡いピンクが春爛漫を告げる色なら、この明るい黄色は冬の準備を促す色なのかも
しれません。

ご無沙汰致しました。
治ったと思った帯状疱疹の痛みが突然ぶり返して、2ヶ月。
普通に生活はできるものの、痛みや痒みにとまどう日々でした。
まだ完治とはいきませんが、ほんの少しずつですが良い方向に向かって
いるように思います。
お医者様は「大丈夫、一年も二年も続くものではありません」とおっしゃるし、
初期に薬は飲んだものの安静にしなかった自分を省みて、病院からの薬と共に
日にち薬での快癒を待っています。
天候に左右される神経の痛みを実感し、体は敏感なんだ!と変な感心もしました。

皆様もどうぞお体を大切に。
そしてまたよろしくお願い致します。
by machimemo | 2008-12-03 00:35 | レッスンにて

ひまわりのように

c0069048_955820.jpg

先日のイベントは、私が所属しているjet(全日本エレクトーン指導者協会)小倉支部の
合同発表会でした。
私の生徒さんは参加しませんでしたが、お手伝いに行きました。
出場した生徒さんは、みんな溌剌としていて頼もしく思いました。


このひまわりは、スタンドフラワーからニャンニャン先生が私に取ってくださったものです。
ニャンニャン先生、ありがとうございました。
とてもきれいです。
c0069048_9564940.jpg

ひまわりの明るさと輝きは、元気を分けてくれるような気がしますね。
この夏も子供たちには、みんな元気でたくましく育っていってほしいと思います。

太陽とひまわり、夏の代表選手!
by machimemo | 2008-07-25 10:19 | レッスンにて

楽しみ

c0069048_1855491.jpg

さやかちゃんのお母様からいただいたフウセンカズラの種。
蔓がぐんぐん伸びて、こんな小さな小さな花を咲かせました。
この花が、やがてぷっくりとした風船のような実をつけるのですね。
とても楽しみです。
種にはハートのマークがついているはず。
心をふくらませて待っていましょう。

そして、ひとつご報告です。
このブログによく登場するひなたちゃん一家に新しい家族が加わりました。
ひなたちゃん、太陽くん、ひかるちゃんに妹ができたのです。
名前は・・・「そら」ちゃん。
青い空のように、無限の可能性を秘めて生まれてきたそらちゃん。
これから4人の兄弟でどんな年月を送っていくのでしょう。
ずっと見守っていくことはかなわないかもしれないけれど、
みんながたくさん幸せな時を過ごせるよう祈っていましょう。

鍵盤を「ソラ」「ソーラー」と弾くひなたちゃんに
「『ソラ』で始まる曲を作ろう!」と提案しました。
「いいね、いいね。じゃあ、ウン チャッ チャッのリズムにするね」とひなたちゃん。
がんばろう!
「そらのワルツ」とっても楽しみです。
by machimemo | 2008-06-22 19:21 | レッスンにて

お休みの理由

「きょうはレッスンをお休みします」
ほとんどは、風邪をひいたり、急に外出することになったりだとか
そんな理由のことが多いのですが、ゆかちゃんはちょっと違います。
きょうは
「弟のたけしが熱を出したからお休みします」でした。
私は外出中で、母が聞いて知らせてくれたのですが、母は笑っていました。
「ゆかちゃんは元気そうだったよ」と。

そう、普通に考えると「あれ?」ですね。
ゆかちゃんは今度6年生で、たけしくんは今度2年生。
私がゆかちゃんに初めて会ったころは、たけしくんは赤ちゃんでした。
このブログにもゆかちゃんは何度か登場しているのですが、ふたりとも成長しました。
今年度、たけしくんが一年生になってからは、たけしくんが学童から帰宅して、
ご両親が仕事から戻られるまでの数時間、ゆかちゃんはおかあさんがわりに
なっているのです。
私がレッスンに訪れる時間は、ちょうどそのとき。
レッスン中にも「おねえちゃーん」と呼ぶ声が。
「行っておいで」と私が言うと、ゆかちゃん「もーうっ!」と言いつつも、
行ってなにかしらあれこれ聞いてあげています。
ほとんどは「おなかがすいた」
で、おにぎりを作ってあげたり、隠してあるお菓子をちょこっと出してあげたり。
ゆかおかあさんは大忙しです。
先日はおもちを焼いたそうで、私にも持ってきてくれました。

「たけし、かわいい~」と言っていた小さな頃。
わんぱくぶりに手をやいて
「先生、たけし、あげるよ。お願いだからたけしを連れて帰って!」と
懇願されたあの日。
今ではすっかりいいおねえちゃんです。

さて、来週はきっと元気になって「おねえちゃーん」と呼ぶ声が聞こえることでしょう。


ふたつ咲いたサフラン。なかよしです。
c0069048_23342889.jpg

by machimemo | 2008-03-25 23:38 | レッスンにて

おんぷちゃん

c0069048_23132430.jpg

私はきょうがレッスン始めでした。
2週間ぶりに会う生徒さん、たった(!)2週間なのに、成長していました。
えっ?ええっ??毎年思うことながら、おそるべし、成長期!

写真はひなたちゃんが描いてくれた「おんぷちゃん」
(名前は絵を描いた後で、一生懸命考えてつけてくれました)
妹のひかるちゃんは、ひなた先生のおかげで、練習ばっちり。
ひなたちゃんは先生業に忙しかったらしく、
「弾いてないんよね~」
でも、
「大丈夫!和音の種類はこれだけだよ~」と言うと、さすがです、
「あっ、弾けるね、できるね」と。

さて、今年もがんばりましょう!
かわいいおんぷちゃんが見守ってくれてるよ、きっと。
by machimemo | 2008-01-07 23:38 | レッスンにて

もうすぐクリスマス

c0069048_23565993.jpg

レッスンに伺っている心療内科のデイケアルームに、クリスマスがやってきました。
ドアのすりガラスに、チャペルと夜空の街。
星降る夜のトナカイたち。鐘の音が聞こえてきそうです。

c0069048_23572349.jpg

もうひとつのドアには、トナカイとウサギさん。
一足お先のホワイトクリスマスです。
by machimemo | 2007-12-17 00:05 | レッスンにて

天使と悪魔

c0069048_202203.jpg

さやかちゃんの電子ピアノの上に飾ってありました。
身長(!)が2センチくらいのかわいいエンゼルとデビル。
ちっちゃいのに存在感いっぱい。
てっきりお揃いでいっしょに買ったのだろうと思ったら、
エンゼルは伊勢志摩のスペイン村で、
デビルは北九州の門司港のレトロ地区で、
それぞれ見つけたのだそうです。
スペイン村に行ったのはずいぶん前、門司港はつい最近。
おそらくこの二人は同じ工房でできたはず。
はるばる時を隔て、場所を越え、天使と悪魔は再会したのでした。

きっとどんな人の心の中にもいる天使と悪魔。
悪魔がこんなにかわいらしいものだったらいいんですけどね~
by machimemo | 2007-12-02 20:56 | レッスンにて

どれにしようかな

c0069048_614136.jpg

「おんぷ、かいてみよーう」
「えーと、なにいろにしょっかな~」
「うーん」と考えたひかるちゃん、
「てっぽう うって ばんばんばん、もひとつおまけに ばんばんばん!」
最初にこの言葉を聞いた時、私にはとても新鮮で、びっくりしました。
「ひかるちゃん!もう1回言って!!」
「はぁ~?」で言ってもらえませんでしたが。

私は子どものころ
「どれにしようかな、天の神様の言うとおり、ケケケのケ、柿の種、あぶらむし」
そう言っていました。
「ケ」て何?「柿の種」?「あぶらむし」?
変なの!と思いながら、指差してやってました。

地域ごとにこの言い方は異なるとか。
迷ったときの神頼み、運を天に任せて・・・

でも、心の中では決まっているのかもしれません。
私も決めたもので止まるまで「ケケケのケ」を繰り返していました。
ひかるちゃんも、「ばんばんばん」とやって決まった色をながめて、
さらに「ばんばんばん」
そして・・・・・その隣の色を選んでいましたから。

「ばんばんばん!」ではなかなか人生は決められませぬ、はい。
by machimemo | 2007-11-29 06:27 | レッスンにて
line

日々の暮らしの中で・・・


by machimemo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30