machi-memory

machimemo.exblog.jp ブログトップ

手作り

c0069048_23593531.jpg

母がバッグを作ってくれました。
生地は、刺繍風のプリントがしてあるコットンです。

私は、生まれたときから、母の手作り服で育ちました。
コットンレースのついた下着も縫ってもらったことがあります。
商店街の生地屋さんの店先のワゴンの端切れ、子どもにはそれで充分で、
よくのぞいては勧められて買ってきていたのだそうです。
妹とおそろいの服もたくさんありました。
街で、女学生が
「わぁー、双子?」
「ちがうよ、背の高さが違うやん」
「あ、顔もちがうね。」(私と妹は似ていませんでしたから)
「でも、おんなじ服着て、双子みたいやね~」
そう言ってにぎやかに通り過ぎていったことを思い出します。

20代半ばまでは作ってもらっていたのですが、その頃から、
私も自分で縫うようになりました。
まさに「門前の小僧」です。きちんと習ったことはないのですが、
本を見ながらなんとかできるようになりました。
わからないことは母に尋ねながら、スカートやワンピース、パンツ、キュロット、
スーツなどを縫っていました。あくまで自己流ですが。
物を縫う空気、針を持つ仕草、そんなことが好きでした。

ここ、2,3年、針を持つ時間がなくなってしまっているのですが、
またいつか!と思っています。
母も歳をとり、服よりも今は小物を縫うほうが楽しめるようです。
バッグ、帽子、キッチン小物など、器用にきれいに縫い上げていきます。

母の器用さには到底かないませんが、私の布好き、手芸好きは母から
受け継いだに違いありません。

この秋色バッグ、大切に使いましょう。
母の丹念さに感謝しながら。

  ・・・・・・次は何を作ってもらおうかなぁぁぁ?
by machimemo | 2007-10-18 00:32 | 暮らしメモ
line

日々の暮らしの中で・・・


by machimemo
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30